女性ホルモンを増やすには?増やす方法まとめ2015

女性ホルモン

 

女性ホルモンを増やすには何が出来るのでしょうか?

 

若年性更年期障害と診断された30代の主婦です。
30歳を過ぎたあたりから生理が度々送れるようになり、最近は1年近く生理が来ません・・・。
月経が1年以上止まると医学的に閉経だそうで、かなりやばいです。
結婚して3年目で、夫婦二人で共働きで頑張ってきたのですが、やっぱり子供が欲しいんです。
若年性更年期障害だけど妊娠したいのですが、どうしたら妊娠できるのでしょうか?

 

調べてみると、妊娠するためには、やっぱりまずは若年性更年期障害を治す必要があるみたいです。。。
そのためにはホルモンバランスを整えるために、女性ホルモンを増やす必要があるみたいです。
女性ホルモンを増やすには何をすればいいのでしょうか?

 

若年性更年期障害の私が女性ホルモンを増やす方法についてまとめてみました。

 

女性ホルモンを増やす方法まとめ2015最新版

 

一口に女性ホルモンを増やすにはと言っても、いろいろな方法があるみたいです。
女性ホルモンを増やす方法というか小技は本当にいっぱいあるみたいなのですが、それらを大きく分けると次の4つになると思います。

 

規則正しい生活習慣を身につける
女性ホルモン産生に効果のある運動・マッサージをおこなう
女性ホルモンを増やすとされる食事
サプリで女性ホルモンを増やす

 

 

規則正しい生活習慣を身につける

まず女性ホルモンを増やすために一番大事なことは規則正しい生活をするということです。
これは当たり前のことなのですが、一番難しいことかもしれませんね・・・・。
女性の身体は非常にデリケートに出来ていて、ホルモンバランスはちょっとしたことで簡単に乱れてしまうそうです。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという二種類があり、いずれも卵巣から分泌されるそうなのですが、その分泌をコントロールしている中枢は脳の中にあるそうです。
脳の中の視床下部や下垂体というのが自律神経の中枢であり、この自律神経が卵巣からの女性ホルモン分泌をコントロールしています。
つまり、女性ホルモンというのは脳によってコントロールされていて、ちょっとしたストレスで自律神経が乱れるだけで、すぐに分泌が止まったりしてしまうんです。
最近は女性の社会進出が進んでいて、子育てや家事、仕事で急がし女性も増えてきたので、抱えるストレスも多くなり、女性ホルモンのバランスが乱れがちな人も増えているそうです。

 

女性ホルモンはストレスにすごく影響を受けてしまうので、女性ホルモンを増やすためにはストレスをうまく発散することが大事なんです。
そのためには当たり前のことですが、規則正しい生活を送って、決まった時間に食事をして、十分な睡眠時間を確保することが大事なんです。

 

 

女性ホルモン産生に効果のある運動・マッサージをおこなう

女性ホルモンを増やすための2つ目の方法としては、女性ホルモンを増やす効果があるといわれているマッサージや運動をするということです。
骨盤まわりのストレッチが女性ホルモンを増やす効果があるといわれています。
卵巣は骨盤のあたりに存在するので、卵巣のまわりをストレッチして血流をよくすると女性ホルモンが増えやすいといわれているそうです。
これは女性に限ったことではなく、骨盤まわりの筋肉が凝っていると卵巣だけではなく内臓全体の機能が低下してしまうといわれています。
男女ともに内蔵機能を健康に保つためにも、骨盤まわりの筋肉は意識してストレッチなどをしてやわらかくしておきましょう。
また、太ももの内側には「腎経」とよばれるツボがあり、腎経は生殖や老化防止に重要なツボといわれています。
太ももの内側の冷えを実感している方は卵巣機能が衰えている証拠なので、とくに注意しましょう。
骨盤周りのストレッチといっしょに、太ももの内側部分もストレッチなどをして血流をよくするようにしておくとよいです。

 

女性ホルモンを増やすためには、とくに体の冷えは大敵です。
常に体が冷えないように意識することが女性ホルモンを増やすコツです。
夏場はエアコンなどで冷えすぎないように、オフィスではひざ掛けなどを使用するとよいと思います。
体の冷え防止のためには程よい運動も大切です。
かといって激しすぎる運動は女性ホルモンを増やす上で、かえってマイナスなので注意してください。
若年性更年期障害の原因は、多くの場合、無理なダイエットといわれています。
ムリなダイエットのために激しすぎる運動や食事制限をすることは女性ホルモンを増やす上で非常にマイナスです。

 

女性ホルモンを増やすとされる食事

 

女性ホルモンを増やす3つめの方法は、女性ホルモン産生に効果のある食事に気をつけるということです。
女性ホルモンを増やす食事としては、大豆食品がよいとされています。
大豆にはイソフラボンといって、人間の女性ホルモンとよく似た構造の成分が含まれています。
イソフラボンは植物性エストロゲンといわれているように、女性ホルモンのエストロゲンと似たような作用をもっています。
そのため、女性ホルモンが減少しがちな女性にはおすすめといえます。

 

ただし、大豆イソフラボンなどは厳密にいうと女性ホルモンを増やしているわけではありません。
女性ホルモンの産生を促進して増やしているわけではなく、女性ホルモンと似た成分のイソフラボンを外から補充しているだけです。
自分の体で作られる女性ホルモンを増やしているわけではないので注意が必要です。
過剰な女性ホルモンはかえってホルモンバランスを乱してしまったり、乳癌などの副作用があるといわれているので注意が必要です。
大豆イソフラボンについても摂りすぎは危険かもしれないので、ほどほどにしておいた方がよいです。

 

サプリで女性ホルモンを増やす

 

女性ホルモンを増やす最後の方法としては、女性ホルモンのサプリを飲むということです。
女性ホルモンを増やすサプリとしては、大豆イソフラボン、プエラリア、マカなどが有名です。
このうちプエラリアや大豆イソフラボンについては、先ほどご説明したように女性ホルモンを増やすというよりは、女性ホルモンと似た成分をサプリとして補充するというものです。
自分の体内の女性ホルモンを増やしているわけではないです。
サプリとして女性ホルモンを補充する場合、副作用のリスクもあるので気をつけましょう。
女性ホルモンを増やすサプリとしておすすめなのはマカです。
マカはプエラリアやイソフラボンとは異なり、マカの成分自体が女性ホルモンの作用を持っているわけではありません。
マカに含まれるベンジルグルコシノレートという成分が女性ホルモンの産生をサポートする効果を持っているといわれています。
直接的に女性ホルモンを補充するのではなく、体内での女性ホルモンの産生を間接的にサポートするサプリです。
そのため、女性ホルモンを補充するタイプのサプリで懸念されるような副作用の心配はありません。
体の内側に作用して、より自然に女性ホルモンを増やしてくれるんです。
ここでは女性ホルモンを増やすマカサプリについて、2015年最新版のランキングをご紹介します。

 


女性ホルモンを増やすおすすめマカサプリランキング2015

 

 

更年期 更年期症状 更年期サプリ マカサプリ 女性ホルモン サプリ



www.odystoy.com http://www.worldoflid.com/ http://www.online-afaceri.com/ http://www.harfordcountybankruptcy.com/ http://www.estanha.com/ http://www.goldengateaparts.com/ http://www.steffkoeppen.com/ http://www.fastnet-yachts.com/ http://www.hivtestbkk.com/ http://www.zensearchmarketing.com/ http://www.solil.net/ http://www.farnboroughvillage.info/ http://www.kidsdreamlove.info/ http://www.sethevans.net/ http://www.econpowercorp.com/